ホーム採用情報トップ > 研修計画
研修計画
福生会では、入社時の新人研修をはじめ、様々な研修を実施。実務に携わりながら、スキルアップができる環境を整えています。
自身の成長に合わせ、専門性を高めていける多数の研修プログラムを計画しています。
新規採用職員研修
入社日から基本3日間の研修を開催します。(介護職員は介護技術講習を含めて6日間)

◆内容:
法人理念や基本規則、各事業所の概要、感染予防・事故対策・苦情解決・身体拘束等の知識、接遇・介護技術に関しての研修を行う。
その後、各部署にて必要な研修を行なう。
新人研修
入社後、約3か月後に1日研修を受けます。3か月間の振り返り、自分の成長を実感し、また次の課題を明確にして目標の設定を行います。

◆内容:
認知症ケア、急変時の対応(基礎知識)、記録、褥瘡、介護保険、介護技術
職員研修
全職員を対象にして、1~2か月に1回研修を開催します。
専門職としての技術の確立、専門性の拡大を図ります。

◆内容:
事故対策、レクリエーション、緊急時の対応、認知症ケア等
全体(会)研修
全職職員を対象の研修です。勤務として研修を受けます。法人事業の専門的知識を深めることを目的としています。

◆内容:
職業倫理・法令遵守、事故対策、身体拘束・虐待防止、職員の健康、感染症・食中毒予防、交通安全、防災研修、人権学習等
その他
エルダー制度(新人職員)
新人職員に、先輩職員が教育係(エルダー)となり、新人職員と2人1組となって1年間の計画で指導していきます。

●目的
・新人職員一人ひとりに合った指導を行ない、基礎的な知識・技術をもった職員を育成する。
・中堅職員(エルダー)に指導経験を積ませ成長を促す。指導することにより、自分の技術や業務を振り返りエルダー自身の成長にも繋がることが
 期待できる。
資格取得支援
高齢者福祉に携わる上で必要となる資格、介護支援専門員や介護福祉士の資格取得に向けてバッグアップをします。

感動作文・笑顔フォトコンテスト
日々の業務を通して一人ひとりの感動と笑顔の数々を更に多くの人々に伝え、その輪を広げていくこと、また福祉の仕事の魅力・やりがい・感動を共有することを目的に平成22年にはじめました。

毎年多くの作品の応募があります。作品は、施設内の作品展にて展示します。